浮気は隠し通せるか?バレないコツとは!?

- 浮気は隠し通せない

更新情報


浮気は隠し通せない

浮気をする人からしてみるとパートナーを欺き、隠し通すことは出来ると思っている人が多いが、実際のところかなり慎重に行動しなければ、浮気を隠し通すことは難しいといってもいいだろう。
必ずしっぽを掴まれてしまうのである。
男性は女性に比べると隠し通す能力が著しく低いと言えるので細心の配慮が必要である。

まず、浮気をバレないように続けたいと思っているのなら、注意点の1つとして、浮気に適さない相手は選ばないことだ。
やはり適す相手、適さない相手というのがいるので、誰でも相手がいればできるというわけではないのである。
相手が、いくら割り切った関係を求めていて、それに同意をしていたとしても、もしかするとのめり込み過ぎると過程を壊してくる可能性がある。
そうならないためにも、相手がふさわしい相手なのか、それをしっかりと見極める必要があるのだ。
特に自分が既婚で相手が独身の場合には、理解力があり物分りがいい人でなければ、最初は良かったけれど、だんだん自分だけ見てもらいたいと要求してくるようになったり、だんだん離婚を迫ったりしてくるのでこれは厄介なことになりかねない。
癒しや日常生活での疲れを取るために現実逃避がしたくて、外で関係を持とうと思っていたのに、これでは大変なお荷物をひとつ抱えただけに過ぎないのだ。
つまり相手がこの関係でも続けることができる人材かどうかは自分の見極め次第なのだ。
そして関係が始まったらバレないためにはどうすればいいのか、隠し通そうと思ったらある程度の努力は必要である。
連絡を取る際に普段使っている携帯電話でとっているとバレる可能性も高いために、普段使っている携帯電話ではない電話をもう1台契約する必要があるだろう。
また、デートや会う場所を決める際も細心の配慮が必要なのである。
どこで会うのか、ついつい自分の普段の行動範囲や活動範囲の中で決めてしまいがちであるが、ここは危険が多すぎるのでやめたほうが無難である。
誰がどこで見ているかわからない状況でリスクを冒さないためにも、注意が必要である。
またパートナーといった場所には浮気相手を連れて行かないことや、相手といった場所にはパートナーと連れて行かないなどの配慮も必要である。
家に決して呼ぶこともならない。
こうしたちょっとしたことではあるが配慮した上で関係を続けていかなければ後で自分で自分の首を絞めることにもつながりかねないために十分注意したほうがいいだろう。
隠し通せないとはいったが、今のポイントをおさえて上手にやりくりすればもしかすると、隠し通すことは可能かもしれない。
それは自分次第であるだけでなく、相手次第であるということも忘れてはいけない。
相手があってこその子の関係であるからして、相手もあなたのやり方に合わせてくれなければうまくいくものも一人ではうまくいかないのである。
バレたくないと思っているのなら、お互いが最初にルールを決めたり、バレないようにするための配慮を考えることも必要である。
それができないのであればこの不倫関係はすぐにでもバレてしまうだろう。
素人でも勘が鋭い人ならば、普段との変化に敏感に気がつくだろうし、何かが違うと違和感を感じたとき、行動に移し尻尾を掴む恐れがあるのだ。
エスカレートすれば探偵事務所に依頼して証拠をつかもうとする人もいるだろうから、隠し通すことが出来ると思い込むのはやめたほうがいいだろう。
いつでもバレるかも知れないという気持ちを持っていたほうが安全である。
もしかするとバレるかもしれないと慎重になっていてちょうどいいくらいなのかもしれない。
大丈夫だろう、うまくやっていると、安心した頃にバレることもあるので注意が必要である。